おすすめの癒し系音楽アラカルト

テクノストレスにさらされ続けて四半世紀の音楽好きエンジニアがおすすめする癒し系音楽集。このページでは「Violin Concerti 1-5/Grumiaux」をおすすめしています。

サイト内検索:

Violin Concerti 1-5/Grumiaux

アルテュール・グリュミオーは、ベルギーのヴァイオリニストです。1921年生まれで、ブリュッセル王立音楽院出身。第二次世界大戦後に演奏家としての名声を得て、1973年にはベルギー王室より男爵を授けられています。気品のある演奏が彼の特徴といわれています。

『Violin Concerti 1-5』は、グリュミオーが演奏した、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲集です。モーツァルトは、1773〜1775年にヴァイオリン協奏曲を5曲書いています。モーツァルトが10代終わりだった頃です。そのヴァイオリン協奏曲が全て収められています。

モーツァルトの曲の特徴は、明るく軽快なものが多いということです。特にこのアルバムは、ヴァイオリンの艶やかな音色が心と体に活力を与えてくれるかのようです。まさに音の緑黄色野菜といえるでしょう。朝、一日の始まりに聴くと、その日一日楽しく過ごせるのではないかと思います。

こちらから試聴できます。

PS

小咄です。

「ヴァイオリンを盗った猿が木に登った!」「ヤバい!降りんかな」