おすすめの癒し系音楽アラカルト

テクノストレスにさらされ続けて四半世紀の音楽好きエンジニアがおすすめする癒し系音楽集。このページでは「モーツァルト:セレナード第6番&第13番/イ・ムジチ合奏団」をおすすめしています。

サイト内検索:

モーツァルト:セレナード第6番&第13番/イ・ムジチ合奏団

イ・ムジチ合奏団は、1951年にローマの聖チェチーリア音楽院の卒業生12名により結成された室内楽団です。主にイタリア・バロック音楽の演奏を得意演目としています。イ・ムジチとはイタリア語で音楽家達という意味です。

このCDには、イ・ムジチが演奏する2つのセレナードと3つのディヴェルティメントが収められています。セレナードは第13番アイネ・クライネ・ナハトムジークと第6番セレナータ・ノットゥルナです。ディヴェルティメントは第1〜3番で、この3曲はザルツブルグ・シンフォニーと呼ばれています。どの曲もとても有名です。特にアイネ・クライネ・ナハトムジークの第一楽章は誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

セレナードやディヴェルティメントは、18世紀の貴族が食事や祝賀などで客人をもてなす時に演奏した音楽のジャンルです。このCDに収められている曲がそのような目的で作られたかは分かりません。しかし、明るく楽しく優雅で高貴なこれらの楽曲は食事のBGMに合いそうです。食欲のない時や逆に過食気味の時などに試してみてはいかがでしょうか?

こちらから試聴できます。

PS

小咄です。

「私、優雅でしょ?」「Youが?!」