おすすめの癒し系音楽アラカルト

テクノストレスにさらされ続けて四半世紀の音楽好きエンジニアがおすすめする癒し系音楽集。このページでは「Chakra Suite/Steven Halpern」をおすすめしています。

サイト内検索:

Chakra Suite/Steven Halpern

スティーブン・ハルパーンは、ニューエイジ・ミュージックの音楽家です。1975年に最初のアルバム「Spectrum Suite」をリリースして以来、DVDや共作を含めると100タイトル以上の作品を発表しています。2013年には「Deep Alpha」がグラミー賞の最優秀ニューエイジ・アルバム賞にノミネートされました。彼の音楽は、主にリラクゼーション、癒し、内なる平和をテーマにしています。

「Chakra Suite」のSuiteは「組曲」という意味です。Chakra(チャクラ)はヨーガの用語で、体の各所に存在するというエネルギーの集結部を意味します。チャクラは7つあり、そのバランスが取れていなければならないと言われています。

全編を通して、ローズ・エレクトリック・ピアノ(音源に音叉を用いる方式の電気ピアノ)により、穏やかなフレーズが断片的に奏でられています。音色は透明で、暖かく、うららかな午後の日溜まりのような心地よさを持っています。天国にBGMが流れているとしたら、きっとこんな音楽なのではないでしょうか?瞑想時や就寝時に流したい作品ですね。

こちらから試聴できます。

PS

小咄です。

「インドの健康法を教えて下さい」「ようがす」